行政書士の業務内容にはどんなものがある?

行政書士と一言で言っても、会社勤めなどをしていてもなかなか仕事を頼む機会もないので、名前だけは何となく知っているけれど、どんな仕事をしているのか皆目検討が付つかない方も多いのではないでしょうか?行政書士とは、一般には「代書き屋」とも呼ばれ、古くは代書人制度から生まれた国家資格の事です。
一般の方々の身近な代理人として、遺産相続(相続分与)・会社の設立・土木事業申請・自動車の登録業務・内容証明の作成など、身近な法律書類を代理で作成したり、法律の事で相談に乗るなどして報酬を得ています。
同じ法律関係の仕事として、裁判などの代理人になる事などはできませんが、難しい法律問題で困っている人や、弁護士に依頼すると高額になる書類などを代理作成することで、依頼人の手助けすることができます。