手数料のかからないクレジットカードって?

ANAカードでも「銀聯」が使えるようになりました。
銀聯とは中国のオンライン決済システムで2002年に設立されたカードです。
日本で提携しているカード会社は三井住友カードと三菱UFJニコスの2社なので、ANAカードを発行している三井住友カードだけが銀聯ブランドを提供しています。
中国では所得格差が大きく、個人の信用度が低いため大多数の中国人はクレジットカードを持つことができません。
銀聯ネットワークも与信機能を持っていないので、基本的に即時決済、もしくは指定日の引き落としとなっています。
中国国内の店舗も、クレジットカードだと手数料がかかるので、手数料のかからない銀聯カードで直接決済を望む傾向にあるようです。
そのような理由から、ANA銀聯カードはポイント口座、利用代金ともに独立扱いとされ、ANAカードとは別請求となっているようです。
クレジットカード現金化を使って懲役?!詐欺罪・横領罪で逮捕される