住宅ローン借り換え総支払額はいくら?

【住宅ローン借り換えで総支払額を少なくするには】住宅ローン借り換えの目的はなんと言っても総支払額の軽減にあります。
そのためには当然のごとく低い金利のものを選ばなければなりません。
とは言え目先の金利が低ければ良いというわけではありません。
なぜなら今の金利が低くても将来の金利が高くなれば総支払額が増えるからです。
したがって完済するまで今より低い金利が継続するのが理想的です。
それに忘れてはならないことは借り換えの際に生じる保証料、手数料、登記費用などの様々な費用です。
いくら金利が低くても、こうした費用が高ければ総支払額は減少しないこともあるからです。
したがって住宅ローン借り換えでは総返済額に諸費用を加えて計算することが最重要課題になります。
新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】