メタボとダイエット

メタボ体型から脱却するために、ダイエットを始めたという人がいます。正式にはメタボリックシンドロームやメタボリック症候群と言いますが、メタボという呼び方もよくされています。壮年男性の中には、メタボにならないためにダイエットをするという人もいます。ただし、何をもってメタボというかの指針は一つではなく、学会ごとに唱えている基準が違っています。

男性は腹囲85㎝、女性は腹囲90㎝をオーバーしていると、メタボと診断される可能性があります。血圧については、130/85mmHg以上であることがメタボの指針となります。メタボの条件は、血液の状態をいくつ満たしているかも関わります。中性脂肪が150mg/dL以上か、HDLC40mg/dL未満か、 血糖値110mg/dL以上なら要注意です。メタボにならないよう、ダイエットをするよう医師に言われたりします。

メタボの人は、高血糖や高血圧、内臓型肥満などの可能性が特に高い事が指摘されています。これらのうち2つ以上の症状が確認されると、メタボとしてダイエットが勧められるわけです。メタボは、特に痛みや苦しさを感じることはありません。年を取って体重が増えてきたかなという程度の感覚のようです。最近、下腹部に脂肪が増えてきたなと思う人は、ダイエットをしてメタボ対策を講じてみてはどうでしょうか。