フラット35の審査と必要書類とは?

住宅ローンの中ではやや特殊な部類に入るフラット35。
特殊な住宅ローンとはいえ、申込・審査は通常の住宅ローンとほぼ同じ手順で行われます。
フラット35の申込・審査で求められる必要書類に関して、まず注意しておくべきことがあります。
住宅金融支援機構と民間の金融機関の共同で提供されているフラット35は、すべて横並びのサービスというわけではなく、取扱い金融機関ごとに独自の設定や基準を設けている部分も多いのです。
必要書類についても金融機関ごとに求められるものが異なってくることがあるので事前によく確認しておきましょう。
大半の金融機関で必要となる書類としてはまず借入れ申込書。
それから収入・所得を証明するための書類。
給与所得のみの場合は住民税納税通知書、給与所得以外にも収入がある場合には納税証明書か確定申告書の写しが必要です。
そのほかには住宅の登記事項の証明書か登記簿謄本、土地の登記事項証明書か登記簿謄本も必要です。
これらの必要書類は最低限用意しておかなければならないもの。
それ以外に上述したように金融機関ごとに求められる書類があります。
代表的なところでは住民票や重要事項説明書、その金融機関が用意したフラット35のパンフレットなどが挙げられます。
求められる必要書類を用意するまでにある程度の時間が必要となるケースもあります。